« 初めての胃カメラ | トップページ | レンズが欲しい »

2013年12月 1日 (日)

中途半端な映画でした

近くのシネプレックスで「清須会議」を観てきた。

Photo
(映画『清須会議』公式ホームページより)

 正直、つまらなかった。テレビで三谷幸喜がそれぞれの役柄に扮したままの主要出演者と対談する番組があり、結構、笑えたので、この映画を観ることにしたのだが、がっかりだ。

せりふに現代語を織り交ぜているにもかかわらず、女性の化粧は昔のわざと既婚者をぶさいくにする化粧を採用していて、せっかくの女優の美貌を楽しむことは不可能。笑いをとるためなのかどうかはっきりしないセリフや動作が散見されるのにちっとも笑えない。かといって、シリアスではまったくない。

つまり、おかしくもなく、深刻でもなく、すべてが中途半端なのだ。泣いて笑って、最後はジーンとして、観終わってからやっぱり人生っていいよな、と思えるような映画を求めている小生には、まったく不毛の一日になってしまった。

こんな映画でも、1日4回公演の2回目で客席が3分の1近く埋まっているのは、やはり脚本家の名前と金に物を言わせた宣伝の効果か。まっ、映画には当たりはずれがあり、それは実際に観るまではわからんというのは、一つの真理なのだから、あきらめるしかないか。

« 初めての胃カメラ | トップページ | レンズが欲しい »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/58676301

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端な映画でした:

« 初めての胃カメラ | トップページ | レンズが欲しい »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ