« 地方都市にありがちな何げにメランコリー | トップページ | 肌を改造する薬! »

2014年2月 2日 (日)

ようやく快適な環境をゲット♪

昨年4月に今の住処に引っ越したとき、机と本棚と椅子をインターネット通販で買った。いわば、書斎3点セットをヒーッヒーッ言いながら、自分で組み立てたのである。

いずれも東南アジア製の安物だが、本棚が最もまともな感じだ。机は幅が1.7mと十分広く、デスクトップパソコンとモニターに加え、プリンターも余裕で置けるうえ、上にも下にも棚がついていて雑多なものを置いておける。形的にはお気に入りのタイプだ。だが、なんせ、安っぽい。板の角処理がされておらず、角ばったまま。それに引き出しも浅い。ちょっと引き出すとそのままはずれてしまう。なので、大きめのクリップを留め金代わりにつけてある。

加えて、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアセトアルデヒドかなんかが発散されているっぽく、パソコンをいじっていると手や足の肌に何か変な違和感を感じる。たまに、長時間、机に向かっていると足の甲が腫れているときがある。

そこで、近くのホームセンターで高分子吸収性消臭剤を買ってきて、机の上と下に置いたが、あまり効いている感じはしない。

それでも、全体の形と大きさは小生が望んでいたものにほぼ近いので、まぁ、それなりに満足。化学物質の放出も、合板の接着剤が乾ききればなくなるはずだし…。

問題は椅子だった。まったく不親切な説明書で、組み立て方がよくわからないまま、四苦八苦して組み立てたのだが、背もたれが後方に傾いていて、リクライニングのときしか背もたれの役を果たしてくれない。組み立てたときにネジが3本ばかし余ったので、おかしいなと思ったのだが、いくら探してもネジを使う箇所がわからなかった。

おそらく、そのせいで背もたれが用をなさないのだとわかっていたが、なんせとても重たい椅子で、もういちど組み立て直す気にはなれないので、そのまま我慢して使っていた。2万円ほどした椅子だが、1年くらい我慢してから、今度は家具屋に行って、ちゃんと自分で座ってみて、合う椅子を選べばいいやと思っていた。

ところが、背もたれがどんどん後ろに傾いていき、狭い書斎では邪魔になってきた。そこで、背もたれだけはずして、ほっぽらかしにしておいたのだが、背もたれのない椅子というのも、いまいち疲れる。そこで、きょうはついに、徹底的した修繕を試みることにした。ちょっと、あそこの部分が逆かも…というようなヒラメキを感じたのだ。

さっそく、分解…といってもネジを2つ3つはずすだけだが…してみると、ヒラメキとは関係ない部分で原因がわかった。カミさんが、「なんでここのネジがないの?」と聞いたからだ。わかってしまえば不思議なのだが、なんで、あんなわかりやすいところにあるネジの穴を見逃していたのだろうと思う。

早速、余っていたネジを差し込んできつ~く締め上げた。続いて、さっきはずしたネジも元通りに締め直した。

すると、あ~ら不思議、背もたれがきっちりと背中についてくるじゃないか。レバーを上げれば、こちらの体重のかけ具合で自在に背もたれがリクライニングするし、レバーを下げればしっかりと踏みとどまって動かない。椅子とはこうあるもんじゃいと、主張しているような感じで頼もしい。これっ↓

Dsc_3392

 この椅子の完成で、やっと、わが書斎も快適環境といえる状況になった。ちょっと大きめで、外人用サイズをそのまま日本でも売っている感じだが、椅子にあぐらをかいて座ることの多い小生には、ちょうどいい。まずは、めでたしめでたし。

んで、ストレッチ30分、筋トレ2種目、クロストレーナー40分、水泳50m×5本。わがスポーツクラブにはランニングマシンもバイクも必要以上にたくさんあるのに、クロストレーナーは5台 しかない。筋トレをやっている最中に4台が埋まってしまったので、慌てて筋トレを早々に切り上げて最後の5台目に飛び乗った。

« 地方都市にありがちな何げにメランコリー | トップページ | 肌を改造する薬! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/59053248

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく快適な環境をゲット♪:

« 地方都市にありがちな何げにメランコリー | トップページ | 肌を改造する薬! »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ