« 欽ちゃん | トップページ | 孫 »

2014年12月29日 (月)

充実の音楽鑑賞ライフ

朝一番で床屋へ。1.5カ月に1度のペースで床屋に行っていて、そろそろ行く頃かなと思って昨日、電話で年末年始の営業予定を確かめたら、いつもは定休日の月曜日なのだが特別にきょうも営業するというので、10時に予約を入れていたのだ。

床屋に着いたら5つある席のうち、すでに4席が埋まっている。聞けば、いつもより1時間早い8時から営業しているのだそうだ。最近は大手スーパーなどのお店も元日から営業をするところも多く、年末も年始もさして変わらない日常なのだが、どうせ散髪するなら旧年中に済ませておこうと考える人間もやはりというか相変わらずいるんもんなんだなぁ。

床屋の兄ちゃんが鏡の横に立てかけたおらのカルテを覗くと、前回は11月15日に来ている。あんまり意識していなかったが、自然と1.5カ月に1度のペースを守っているわけだ。

雨降りなので、床屋から帰ってからはわが書斎のパソコンの前で一日まったり。

とりあえず、音楽再生プレーヤーソフトのFoobar2000の画面をカスタマライズした。10月にインストールして以来、初期設定のまま使用していたが、それだとアーティスト名と曲名が何の区切りもカテゴライズもなくズラリと、おそらくコピー元のiTunesにリッピングした順番にズラッと並ぶだけだったからだ。ちゃんとアーティスト名やアルバム名がアルファベット順に並ぶようにしたかったのだ。

このソフトの使い方をボランティアベースで日本語のホームページで解説してくれている「ハウツーIT」さんが作ったマニュアルを頼りに操作したら、簡単にできた。こんな感じ↓

Dsc_3125

このソフト、iTunesのフォルダに入っている楽曲を一瞬のうち取り込み、しかも、その後にiTunesに加えた楽曲も自動的に取り込むという優れものなんだが、今回、表示画面をカスタマライズしてみたらアルバムアートワークも自動的に取り込んでいるのでびっりした。ただ、よくよく見ると、アルバムによってはアートワークがないものもある。

それはiTunesでCDをリッピングするときに、おそらくiTunesStoreにあるアルバムだと思うが、勝手に取り込んでくれるアートワークだ。便利な機能だと思っていたが、Foobar2000のほうは逆に自分でアマゾンなどから勝手にコピペしたものしか表示されない。今度から、iTunesにリッピングするときはすべて自分でアートワークを貼付することにしよう。

そういえば、わが音楽ライフに新たな朗報が加わった。いつもCDを借りている図書館で、本だけでなくCDも予約借り出しができることがわかったのだ。しかも、図書館のパソコンだけでなく自分のパソコンで予約できるし、借りられる準備が整ったらメールで教えてくれる。わがまちの図書館は4カ所にあり、そのどこからでも取り寄せられるのだ。

一昨日に早速、ピーター・ポール&マリーのアルバム3枚を予約注文したら、昨夕に準備ができたというメールが届いた。ただ、肝心の図書館が年末年始休暇に入ってしまったので、借りられるのは来月5日以降だ。

あと、同じ図書館のシステムを使って、蔵書されていない本やCDなども希望できる。早速、弦哲也のアルバムを注文した。アマゾンで買えば2440円するやつだ。こういう新たに図書館側が購入しなくてはいけない図書資料というものが、たくさんの希望の中からどういう手順で選択され、買ってくれるのか、くじ引きか、それとも担当司書の恣意的なもので決めるのか、そもそも競争率というか希望が叶う確率は高いのか低いのか、さっぱりわからないが、楽しみではある。

きょう一日、これと言って予定はない。このまま書斎に篭って、わがPCオーディオでクラシックからポップス、民謡にいたるまでさまざまなジャンルの楽曲をシャッフルで聴きながら、青空文庫を漁ったり、ネットサーフィンしたりしながらまったりと過ごそう。

まずは、コーヒーと田舎から送ってくれた干し柿をいただいてっと…。

Dsc_3118

いわゆる至福の時…。

ウシシッ。来年は良い年にしたいなぁ。

« 欽ちゃん | トップページ | 孫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/60886862

この記事へのトラックバック一覧です: 充実の音楽鑑賞ライフ:

« 欽ちゃん | トップページ | 孫 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ