« 関門海峡を渡る | トップページ | 春はうた »

2015年3月22日 (日)

墓参り

義母が平成23年8月に逝去して以来、春と秋の彼岸はカミさんの実家があった栃木へ墓参りするのが恒例行事となっている。いつもは栃木近辺での簡単な観光を兼ねるのだが、今回は九州出張から帰ったばかりで疲れていたため、21日(土)の午後に図書館から帰ってきてから、クルマで墓参りの定宿となっている小山市の「小山グランドホテル」へ直行。

Photo

天皇陛下ご夫妻と秋篠宮殿下ご夫妻がそれぞれ宿泊されたことのあるホテルなのだが、1泊2食付きで8000円台と安いのがありがたい。

横浜で特許事務所を営む義兄夫妻と落ち合って4人で夕飯。網焼きステーキがメーンディッシュのフレンチのコースで舌鼓。ほんとこの料金でこの料理かよと驚く。

翌22日(日)、隣の栃木市に移動し、義父と義母が眠る墓(神式なので正確には「奥津城」という)にお参り。終了後、義兄夫妻の提案で車で15分程度のところにある「柏倉温泉 太子館」へ。

Photo_2

大正13年に出湯、開業したというそこそこ由緒ある温泉だ。

春の陽の湯気にかげろう露天風呂冷たさ残る風ぞ涼やか        風越誠

春の陽を浴びつつ浮かぶ露天の湯憂さの残らず浸みだすがごと    風越誠

風呂から上がって昼食。メニューにそば5合と1升と書いてあるので、店の人に聞くと4人なら1升だというのでそれを注文。カミさんに帰途の運転を託して生ビールを一杯。

ん~ん最高っ!

奥にある山には聖徳太子神社があるが、急峻な石段を登らないと参拝できない。

Photo_3

この温泉宿には何回か来ているが、まだ登ったことはない。そこでカミさんが登ろうと言いだし、4人で老体にムチを打って登る。急峻とはいえざっと100段程度なので、ヒーヒー言いながらもすぐに登り切る。そのあと、お堂の中に入るのにはるか下界を見下ろす外廊下を通るのだが、義兄が極度の高所恐怖症だということを初めて知った。

はるか下界の眺め↓

Photo_4

この後、駐車場に戻り2組の夫婦が解散。秋の彼岸に再会するまでのお互いの健康を祈りつつ帰途に着いた。

« 関門海峡を渡る | トップページ | 春はうた »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

風越誠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/61322956

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り:

« 関門海峡を渡る | トップページ | 春はうた »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ