« 久々のeワラ投資 | トップページ | 健康とお金 »

2015年5月18日 (月)

通院日

3カ月ぶりにA総合病院へ。

受付開始時間の朝8時に到着し、受付の順番を決める番号札を取ると71番。1番の人はいったい何時から待っているのだろう。10分くらいで順番が回ってきたので、自動受付機で受付を済ますと、なぜか診察の順番を決める番号札は75番。最初の番号札との差の4人分はどうなっているのだろう。

採尿・採血を済ませて、血圧と体重を自分で測ってから8時30分から受付が始まる糖尿内科の受付窓口へ。診察カードを提出して、9時開始の診察の順番待ち。糖尿内科は3つの診察室が並んでいて、診察中の人と次の人とその次の人までの番号が表示されるのだが、なぜかおらの主治医だけ診察が始まらない。

9時30分頃になってようやく主治医のA先生にご対面。血液検査の結果、特別に大きな変化はないが、腎臓機能の異常を示すクレアチニンの値が一段と高くなったのが気になるといえば気になるとかで、夏場に向かう中、できるだけ水分を摂るようにとのこと。

こちらからは、偏頭痛で家の近くの脳神経外科で検査したところ、脳動脈瘤が見つかったことを説明。ガイドラインは大きさ5mm以上の場合に処置を検討するとなっているのに対し、おらのは1.5~2mmだから様子見という判断になりそうで、全身ドックの結果は今月31日に教えてもらう旨を報告。A医師は、その内容を次回教えてほしいとの由。

あと前回、降圧剤を軽めのやつに変えてから、血圧が高くなった気がするといったら、2種類服用しているうちの1つの量を増やしてみることになった。

続いて、泌尿器科に行き、前立腺がんの手術を執刀してくれたI医師と面談。A医師と同様にクレアチニンが気になるものの、そちらの方はA医師にまかせるとの事。やはり水を飲めといわれた。あと、脳動脈瘤のこともA医師が書きこんだのをパソコンで読んだらしく、すでに知っていた。「あちこち悪くて嫌になります」と言うと、「仕方ないですね」のひと言。

I医師にとっては肝心のPSA(前立腺特異抗原=がんマーカー)は、測定不能の0.1未満で、「(手術してから)もう1年になりますが、がんのほうは心配ないですね」と。尿漏れについても聴かれたので、ほとんど漏れなくなったが、たまに体調が悪いときなのか、尿意を感じないのに、ニョロと一滴漏れることがある、先日も、会社の会議中にそんなことがあって、おしっこに行きたいのを我慢するということもなく、無意識のうちにニョロッと出て、あれ? 今のはなんだ? もしや…という感じだったと報告。I先生は、それでもあと一歩というところだと励ましてくれた。

自動会計機で会計を済ませて薬局へ。病院への支払が3060円に対し、薬局は1万6790円。ギャフンである。

ときに、三菱地所の株価がeワラントのコールを買った翌日に急落。一気にお金が飛んでいってしまった。事後処理をどうするかは様子見だ。

« 久々のeワラ投資 | トップページ | 健康とお金 »

健康」カテゴリの記事

前立腺がん闘病記」カテゴリの記事

尿漏れ格闘記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

eワラント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/61608971

この記事へのトラックバック一覧です: 通院日:

« 久々のeワラ投資 | トップページ | 健康とお金 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ