« 越前朝倉氏の城下町を訪ねる | トップページ | スペイン歌曲を堪能 »

2015年10月16日 (金)

スマホ哀歌

ケータイをソフトバンクのガラケーから格安スマホのNifMo(ニフモ)に切り替える契約をしたのが9月21日。そして同25日にスマホ端末「富士通 ARROWS M01」が届き、使用を開始した。

これだ↓

Dsc_1772

ニフモのセット割りが効く端末が3種類あるうち、人気のファーフェイ製(中国)もASUS製(台湾)も在庫がなくなってしまい、選択の余地がないままにこれを購入したのだが、冷静に考えてみると、他の2機種に比べ外観さえ洗練されていないものの、他の2機種にはない防水・防塵機能があるし、電池の容量も大きいということでそこそこ満足していた。

と、ところがである。この「ARROWS M01」を手にしてからわずか11日目の10月6日のことである。何気に入会していた富士通のARROWSファンの会から1通のメルマガが届いた。なんと、新製品「ARROWS M02」を開発、10月下旬からニフモでセット販売するというのだ。機種名がわがスマホの後継機であることを明確に物語っている。

「なんてこった!」。そのスタイルはまさに在庫が払底している中国、台湾製とそっくりの今風↓

Arrows_m02_001

画面が5インチとわがスマホよりひと回り大きいうえに、筐体の厚さも薄い。カメラの画素数も若干増えているし、キャッシュメモリーの容量が倍増した。電池の容量は逆に小さくなっているが、特殊な省エネ技術で1回の充電で3日持つと謳っている。小生のは先日の1泊2日の出張くらいなら充電しなくてもいいだろうと試してみたら、帰宅するまでギリギリ持ったことは持ったのだが、せいぜい36時間というところだった。

それでもやっぱり新しいほうがいいだろうから、M01はもう売れなくなるのではと思いニフモのサイトに行ってみると、なんとM01が特別価格として9250円(税抜き)に大幅値下げされてる~~~。どういうこっちゃ。おら、10日ほど前に4万800円(税込み)で買ったばっかりだぞ~~~。

ぐやじい~~~。

その差、約3万円の損。いやいや、キャッシュバッグが1万1000円入るので、約2万円の損である。わずか、10日ほどの間にな~んにも悪いことをしていないのに、なんでなんで2万円も貧乏人のおらから取り上げるのよ。胸糞悪い。

マンションでも、売れ残った部屋をダンピング販売するときはすでに入居している人たちにも差額を返還するというから、このスマホの場合だってそういう配慮をするべきだろう。ほ~んとにくやしい。

明らかなM01の在庫処分。ということは、M02はほとんどM01と同等の値段で売るのだろう。そう思って、さっきニフモのサイトを見てみたら、M01はすでに「在庫なし」になっていた。まだM02は発売していないので、ニフモの玉は台湾製が唯一でそれも「在庫僅少」となっている。

M01にそこそこ満足していた気持ちが萎えてしまったが、救いは現金一括払いで買ったことだ。格安スマホの月々の通信費の安さを実感したいと思って分割にしなかった。分割払いにしていたら毎月、残高を見てはくやしい思いを甦らせているところだった。もうM02の存在は忘れて、このM01を使い倒すことにしよう。

« 越前朝倉氏の城下町を訪ねる | トップページ | スペイン歌曲を堪能 »

ガジェット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/62487813

この記事へのトラックバック一覧です: スマホ哀歌:

« 越前朝倉氏の城下町を訪ねる | トップページ | スペイン歌曲を堪能 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ