« 散歩♪ | トップページ | ヘッドホン行脚 »

2016年7月31日 (日)

映画「ターザン」観賞

カミさんと近くのシネプレックスへ。
 
目的はこれ。
Photo
(公式HPより)
 
「ターザン REBORN」。
 
全米で大ヒットと謳っているだけあって、とにかく面白い。よくできている。久々に文句なく楽しめた。
 
ターザンが敵と手を結んだコンゴのある部族の酋長と死闘を繰り広げながら、酋長を改心させようと説得するシーンがあるのだが、ちょっと説得力が弱いというか、えっ、そんな話に納得できるのと酋長を問い詰めたくなるほど現実味に乏しいシナリオ展開があるにはあるが、まぁ細かいことはいいじゃないか、ジャングル育ちのターザンのことなんだし(そんなに口がうまいはずはないんだから…)という気持ちになれる。
 
ターザン遊びにつきものの「アーア・アー」という懐かしの雄叫びとは、ちょっと違うが、ちゃんと雄叫びもある。そして、ターザンと言えば仲間の動物たち。テレビの映画番組で何度も放映された、かつての白黒映画のターザンが悪者をやっつけるときは、いつも動物たちが味方となって加勢していた。
 
ところが、この映画では、ターザンの味方はずっと人間だ。コンゴの部族の人たちや英国からターザンに同行してきた米国の黒人が仲間だ。
 
おかしいなぁ、と思っていたら、最後の最後のクライマックスで登場しますよ、動物たちが。ホームページの予告編にもそのシーンがあるから明かしてもいいと思うけど、「待ってましたぁ」という期待に応える内容。欲を言えば、この動物がたくさん押し寄せるシーンをあと5分くらい続けてほしかった。
 
われわれの世代にとって、ターザンといえば何といってもワイズミュラーだ。
どうしているのかと、帰宅してからウィキペディアを見たら、1984年に79歳で死去。「晩年はハリウッドの精神病院で、現実とターザン役を混同したような奇行を重ねていたという」とあった。
病院でも、「アーア・アー」と叫びながら、ベッドからベッドへと飛び移っていたのかもしれない。
 
 
ときに、都知事は新聞各紙の世論調査通り小池百合子氏に決定した。
 
そもそも、対立候補といわれた与党推薦の増田寛也氏はよその県の人(東京都の「顔」には向いていない)だし、野党統一候補の鳥越俊太郎氏はあまりにも政策を知らなさ過ぎた。
そういう、他に有力な候補がいなかったという意味で、まぁ妥当な線なんだろうなぁ。

« 散歩♪ | トップページ | ヘッドホン行脚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/63994368

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ターザン」観賞:

« 散歩♪ | トップページ | ヘッドホン行脚 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ