« 歩けや歩け一万歩♪ | トップページ | 読書もデジタル(^^)/ »

2016年9月23日 (金)

ピアノの連弾を楽しむ♪

小雨けぶる夕暮れを渋谷へ。
 
久々の渋谷だが、Yahoo!地図の歩行者ナビを使えば、どこにでもたどり着ける。最近はどこに行くにも、スマホのYahoo!地図に道案内をまかせている。ひところはGoogleマップを使っていたが、歩行者ナビの最中に突然画面が真っ暗になってしまったり、使い勝手が悪かったのでYahoo!地図に変えた。やはり日本の道の案内は純日本製ソフトに限るぜ。
 
てなわけで、見えてきたのが「東京山手教会ビル」。
 
Photo
 
神仏混合信者のおらにキリスト教は関係ないので、その地下駐車場へ。
 
Photo_2
 
ずっと奥まで進んでいくと、へ~こんなところにライブハウスが…!
 
Photo_3
 
「公園通りクラシックス」。おらは初めて。
Photo_4
 
入場料を払い、ドリンクにジャック・ダニエルのロックを注文して前から2番目左寄りの椅子に座る。調律師の入念な調律のあと、ライブが始まった。
 
出演は浦壁信二と大井浩明。タイトルは「二台ピアノによるストラヴィンスキー傑作選」。
曲目はすべてストラヴィンスキーで、「4つのエチュード」、「舞踏カンタータ『結婚(儀礼)』、15分間の休憩をはさんで、「舞踏音楽『浄められた春(春の祭典)』。アンコールは「春の祭典」と並んで著名な「火の鳥」から2曲。
 
いゃ~、良かった。まさに超絶技巧。迫力満点。2人の息もピッタリでした。
 
それに、ストラヴィンスキーっていいなぁ。ピアノ連弾に合うじゃん、と思った。
 
最近、YouTubeで見つけたチック・コリアと上原ひろみの連弾に感激したばかりなんだが、こっちも相当いいや。ストラヴィンスキーの曲のせいか、クラシックとジャズというジャンルの違いがあるにもかかわらず、音痴のおらにとってはどっちも似た感じでノリノリに乗れる。
 
チック&ひろみのほうは、全体にリズミカルなのに対し、浦壁&大井のほうはやっぱり起承転結というか表現するストーリーが明確に刻まれていく感じで、リズミカルな部分もあれば重厚な部分もある。例えば「春の祭典」だったら、春がやってきて、祭りが始まって、美しい乙女が神の生贄となり、踊らされ続けて死に至るまでのストーリーなわけだ。
 
最後に客席にいた編曲者が紹介されていたが、ストラヴィンスキーのピアノ連弾って、ほかにもあるのかなぁ。今度、図書館でCDを探してみよう。

« 歩けや歩け一万歩♪ | トップページ | 読書もデジタル(^^)/ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/64242660

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの連弾を楽しむ♪:

« 歩けや歩け一万歩♪ | トップページ | 読書もデジタル(^^)/ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ