« ピアノの連弾を楽しむ♪ | トップページ | 映画「真田十勇士」を観賞 »

2016年9月24日 (土)

読書もデジタル(^^)/

髪が伸びたんで床屋へ♪
 
脱糖尿病を目指し、1日1万歩を目標に掲げているので、いつもはクルマで行く床屋も当然ウォーキングで行く。
 
すっかり秋めいた川原の堤防にはコスモスとともにヒガンバナが鮮やかに咲いている。
 
Photo
 
きちんと彼岸に咲くんだから律儀っちゃあ律儀な花ではある。
 
ヒガンバナは別名、マンジュシャゲということで、つい「赤い花なら、マンジュシャゲ…」などと鼻唄も。
 
赤い花なら 曼殊沙華
オランダ屋敷に 雨が降る
濡れて泣いてる ジャガタラお春
未練な出船の ああ鐘が鳴る
ララ 鐘が鳴る             (「上海物語」詞・梅木三郎)
 
床屋までは30分と、予想していたよりも5~10分ほど多くかかり、予約時間の午後1時きっかりに到着。マスターがたぶんおらの様子を見るためだと思うが、店の外に出てきたところだったったから、もしかすると1分ほど遅れていたのかもしれない。
 
床屋についたとたん汗がどっと噴き出したのは、3分ごとに早歩きと普通歩きを繰り返す「緩急歩行」で歩いてきたためだ。この歩行方法は、健康雑誌『日経Gooday』(電子版)で最も健康に効果のあるウォーキング法として紹介されていたものだ。
 
きょうはスマホのストップウォッチアプリで3分を計りながら早歩きと普通歩きを繰り返してウォーキングし、3分という長さの感覚もつかんだ。歩数60を1本として、早歩きは6.5本、普通歩きは5.5本てな感じだ。これさえわかれば、もはやストップウオッチは不要。1本2本と指折り数えながら歩けばいい。
 
ちなみに、電子版の『日経Gooday』は、日本経済新聞の電子版を有料契約(月4200円)していればタダで読める。それだけではない、ID登録しさえすれば10種類以上ある日経系の雑誌(電子版)をすべてタダで読める。これは他の新聞社じゃマネのできない日経ならではの差別化戦略だろう。
 
おらは『日経Gooday』のほか、『日経ビジネス』『日経TRENDY』『ITpro』『日経BPnet』『日経テクノロジー』に登録。毎日、お勧め記事をメールで知らせてくれるので、気が向くままに主にiPad miniで拾い読みしている。
 
さて、汗を拭き拭き床屋の椅子に座り、あとはマスターに散髪をおまかせ。カットが終わると選手交代で、20代とおぼしき若手男子がシャンプー&顔エステをやってくれた。
 
その若手男子と格安スマホの話になり、おらはNifMoを今月でちょうど1年使っているが、通信料金は1銭も払ってないと胸を張った。そして、クレジットカードの新規加入のキャンペーンポイントで通信料金を支払う仕組みを教えてあげたら、「飯田さんは何でも詳しいですね」とひとしきり感心。「そういえば、こないだ飯田さんに教えてもらった青空文庫で本を読んでいます。あれはほんといいですね」と話をつづける。
 
聞けば、青空文庫で太宰治を読んでいるという。うん、いいことだ。青春は太宰とともに、である。
 
そういえば、「火花」で芥川賞を受賞したお笑い芸人の又吉直樹も熱心な太宰ファンだそうだから、床屋のあんちゃんもその影響を受けているのかな。
 
あたしらが青春しとったころには、やっぱりそれなりに太宰に魅了されてはいた。太宰の文章は若者たちの共感・共鳴を呼ばずにはおかないからだ。
 
だが、人前でそれを言ってはいけないという暗黙の了解が日本全国に行きわたっていた。はて、その若者たちの暗黙のしきたりはいったいぜんたいどうなっちゃったのかなぁ。
 
太宰が好きと告白することは、腰に手拭いぶらさげて、高下駄履いて硬派ぶっちゃあおるものの、ほんとは女々しいやっちゃ、大和魂もさむらい精神もないんじゃないかと見抜かれても仕方がないことだったんだ。
 
考えてみれば、いまどきのテレビを見てみれば、自らタマタマを抜いたような人たちばかりがもてはやされとるから、見抜かれもそれはそれでいいのかも。その前に、腰の手ぬぐいも高下駄も、とうにないか。
 
てなことを考えて、自宅に戻ってiPad miniで青空文庫を開いてみると、ぬわ~んと太宰治は271編もアップされている。これがぜ~んぶタダで読めるわけだ。
 
Ipad
 
わが敬愛する吉川英治の2倍以上にもなる。もっとも、吉川英治は主に長編ばかりだけど。それにしても、アップするのはみんなボランティアの人たちなわけだから、それだけ太宰ファンが多い証とも言えるんじゃろな。

« ピアノの連弾を楽しむ♪ | トップページ | 映画「真田十勇士」を観賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/64250793

この記事へのトラックバック一覧です: 読書もデジタル(^^)/:

« ピアノの連弾を楽しむ♪ | トップページ | 映画「真田十勇士」を観賞 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ