« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

大学ゼミの同期会

昨日は昼に新橋の料理屋で大学のゼミの同期会♪
 
同期生は本来男7人、女5人の計12人なんだが、うち男2人が他界。1つ下の期が男2人しかいなくて、うち在京の1人が万年幹事役でわれわれの期に合流しているので、メンバーは全部で11人。今回はこのうち8人が参集した。
 
20161126_124328
 
万年幹事役のNが、96歳の母親が危篤状態でいつ息を引き取るかもわからないので今回ばかりは幹事をできないというから、おらとTとで幹事を引き受けた。おらが日時を決め、ビール会社出身で飲食店に詳しいTが店を決めた。
 
そのNは2日前に母親が他界したが、菩提寺の都合で通夜・葬儀は来週になるから時間ができたということで同期会に出席。口には出さないが、おそらく、幹事を降りたことに対する後ろめたさから、母親を亡くした寂寥感や葬儀の準備の多忙さにもかかわらず出席したのだろう。昔から責任感が人一倍強いやつなんだ。光学機器メーカーに入り、オランダで10年以上 勤務した国際派でもある。
 
Tが持参した卒業式の後のキャンパスで撮った写真を中心に昔話に花を咲かせた。
 
そのうちの男が5人ほど写っている1枚を見て、女性のMが「1人だけジャニーズがいる」とひと言。それを聞いた他の人は全員「Mのことだ」と納得。Mはそれだけ際立った美男子だった。テレビ局の営業部長として辣腕をふるっていた40代後半に肺がんであっけなく逝ってしまった。誰ともなく「美男、薄命」との声が漏れた。
 
最後にNが「来年は11月28日か12月2日にやります」と宣言。15:00過ぎにお開きとなった。
 

2016年11月21日 (月)

突っ込んだ片足を引き戻せたかな(・.・;)

3カ月に一度の通院日('ω') 。内科のほかに前回から半年に1回のペースに変更になった泌尿器科にも診てもらう。
 
いつものように8時すぎにA総合病院に到着。採尿・採血を済ませてから、コーヒースタンドで朝食を摂る。診察開始の9時ジャストに内科の待合室に行き、電光掲示板を確認すると、おらは本日2番目の患者になっていた。最近、だいぶ患者が少なくなっている気がするけど、大丈夫かなぁ、この病院。
 
んで、前回、主治医に「予備軍を通り越して、もはや片足を突っ込んだ状態」と言われ、最も気になっていた糖尿病関連は、この3カ月の必死の減量作戦が功を奏し、改善が見られた。
 
すなわち血糖値は113mg/dlと基準値の80-110mg/dlをオーバーしているものの、前回の123mg/dlに比べれば良好。HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワンシー)も6.3%と、基準値の4.3-5.9%を超えてはいるものの、前回の6.6%よりは改善。主治医も「6.5%以上が糖尿病ですから、まずまずですね」と、おらの努力を讃えてくれた。
 
加えて、前回が296mg/dl、前々回(5月)が328mg/dlと基準値の30-150mg/dlを大幅に超過していた中性脂肪が117mg/dlと大幅に改善し、正常値になった。1日1万歩以上、週1回のスポーツクラブ通い復活の効果はここにいちばん現れたと思われる。
 
ただし、腎臓関連のクレアチニンはいぜん基準値オーバーのまま。まぁ、悪化はしていないけど…。
 
肝心の血圧は、受診直前に自動機で測定した値が149/97。それを見て、主治医は「まぁまぁですね」というので、「えっ? これって高いんじゃないの?」と内心で思いつつ、過去3カ月にわたり自分で記録したもっと高い値が並ぶ表を見せながら、「最近はとくに朝が高めに出るんですけど…」と相談すると、その表をチラ見しだけで、「どうしても寒くなると高めになるんですよ」といいつつ、降圧剤を1種類増やそうということになった。これで、降圧剤は3種類になる。
 
続けて、泌尿器科へ。前立腺がんの手術をしてくれたI先生が米国に留学したので、新しいI先生(頭文字が同じ)と初対面。こちらは、半年に1回、血液検査でわかる前立腺がんマーカーのPSA(前立腺特異抗原)値をチェックするだけなのだが、その値は0.01未満と異常なしだった。こちらは処方箋もなしで、診察時間30秒程度でご放免。
 
内科、泌尿器科を合わせて診察料金は3,690円。隣の薬局で支払った薬代は16,680円。

2016年11月13日 (日)

Play Musicを再び試す

googleのお知らせメールで、同社の音楽配信サービス「Play Music」を3カ月100円で提供するから利用しろというのが届いた。Play Musicは昨年だかのサービス開始時に1カ月無料というのを試したので、内容はある程度知っているので乗り気になったものの、3カ月を経過したあとはどうよ、っていうのが気になるのでネットで検索すると、3カ月経過後に解約するのは可能とあり、解約の仕方も書かれている。

そこで早速、スマホにアプリをダウンロード。きょうは半年ぶりにS脳神経外科で検査を受ける日だったので、Play Musicで浅川マキを聴きながら徒歩20分の道のりを緩急歩行法で歩いて行ってきた。

Photo_6

日曜日の午後5時に検査の予約を入れてくれるというのも風変りだが、とりあえずS脳神経外科に到着。成金趣味の外装・内装は相変わらずだが、ハロウィンの飾り付けはもちろん終わっていて、クリスマスまではまだ間があるということで、とくに写真に残しておくような場面はなかった。

いつものように、身長と体重を同時に一瞬にして測るはかりで計測したあと、頸動脈の超音波検査と頭部のMRI検査をして終了。保険を使ってこれで9000円弱。いい商売だ。

1週間後以降に予約なしの外来で結果を聞きにこいというので、今度こそ先生に会ったら検査のインターバルを半年に1回から年1回に変更してもらおうと固く決心しつつ近くのスーパーでカミさんに頼まれたカレールゥとシュークリームを買って、Play Musicで「心休まるリビングルームで」を聴きながら帰宅。この特集は中島みゆきの「時代」などJ-POPをジャズアレンジでカバーしていてそこそこ気に入った。

んで、思ったんだが、音楽配信サービスの利用がこれで3種類になってしまって、多すぎね? と。「スマホでUSEN」(月税込529円)、「amazonミュージック」(年間税込3900円のサービスの一部)、それに「Play Music」(3カ月税込100円、4カ月目以降は月980円)の3種類である。

そこで、早速、「スマホでUSEN」を解約。

ソニーのBluetooth接続用アプリから「スマホでUSEN」をはずして、代わりに「Play Music」を入れた。こんな感じ↓

Photo_7

「スマホでUSEN」は安くてそこそこ気に入っていたんだが、いくらチャンネル数が多いといっても、一日に聴ける曲数には限りがある。気に入ったチャンネルは繰り返し聴くので、結局、月に数十チャンネルしか利用していないことになる。それならば、「amazonミュージック」や「Play Music」のプレイリストとかラジオといった機能と変わらないわけで、この2つ、さらにはどちらか1つあれば十分ということになる。

加えて、「スマホでUSEN」はその名の通りスマホでしか利用できないのが大きな欠点である。半面、他の2つはパソコンでも音楽配信を聴くことができる。

amazonミュージック↓

2

Play Music↓

1

パソコンでソニー「CAS-1」を通して聴くと、スマホからBluetoothでCAS-1を通して聴くのに比べ、かなり音質が良い。やはり有線のほうがロスが少ないからなのか、それともDSDといういわゆるハイレゾ処理がされるからなのか、よくわからないが…。

とにかく、家にいるときはCAS-1を愛用しているおらとしては、パソコンで音楽を受信できることに越したことはない。

まぁ、amzonミュージックだけでも十分なような気がしてきたし、すでに1年分の会費を払ってしまっているから、Play Musicのほうも3カ月後にはサヨナラとなりそうではある。

暮らしが変わる…と言うんだが('ω')

1カ月ほど前の10月21日にわがスマホにおらのメーンバンクの三井住友銀行からデビットカードを申し込めというメールが送られてきたので、速攻で入会した。昨年9月にガラケーから今のスマホ「富士通ARROWS M01」に乗り替えたらお財布ケータイ機能が使えなくなったので、それまでのナナコやエディ、モバイルスイカなどの電子マネーが使えなくなり、何か汎用性が高い銀行系の電子マネーがあればいいかなと何気に思っていたからだ。
 
三井住友銀行は翌11月からVISAデビットのサービスを始めるため、既存顧客に一斉に勧誘メールを送ったようだ。そのメールでカードのデザインも4種類の中から選べというので、同行のオリジナルキャラクターのものを選んだら、半月ほどして送られてきたのがこれ↓
 
Photo
(見本)
 
申し込んでからふと「年会費とかはどうなってんだろ」と不安になって調べたら、VISAデビットサービスで先行している三菱東京UFJ銀行が年1000円なのに対し、わが三井住友は無料ということで、ひとまずホッとした。
 
とりあえず来月までに3回以上使えば500円をプレゼントしてくれるというので、もう自宅近くのスーパーや会社の近くのコンビニで使いまくっている。通勤日は毎朝、会社近くのセブンイレブンで天然水98円とホットコーヒー100円の計198円の買い物をしているが、1週間ほど前からそれをデビットカードで払っている。
 
ネットなんかを見ると、「デビットで支払います」と言ってもわかってくれない店員もいるので、「カードで」とか「VISAで」といったほうが理解されやすいという。実際に使ってみると、今やクレジットカードでも3000円以下のものはサインなどの手続き不要だそうで、レジでめんどうくさがられることもないようだ。
 
デビットカードの場合、レジの一部にシュッとこするだけだから、小銭入れからコインを出したりお釣りを渡されたりするよりも客、店員ともに作業量も時間も少なくて済むので楽ちんだと実感した。
 
デビットで買い物をすると、即座にスマホのメールにカード使用のお知らせが届き、即時に銀行口座から引き落とされる。クレジットカードの場合、引き落とし日に口座の残高が足りないと葉書で催促が届き、期日までに入金しないとブラックリスト入りになるが、デビットもそこんところは同じ仕組みなのだろうか?
 
きっと、葉書ではなく電話で入金を督促してくるんだろうな。そうしないと、毎日毎日使われたらどんどん不足金額が増えちゃうもんな。
 
クレジットカードは買い物をするとポイントが貯まるが、三井住友のデビットはキャッシュバックをしてくれるのだそうだ。…といっても、わずか0.25%。1年間で10万円使って250円、100万円なら2500円ということである。まっ、世はマイナス金利時代。そんなもんだろう。
 
「支払方法を変えると、毎日の暮らしが変わる」…というのが三井住友のデビットの広告コピー。きょう、スポーツ施設の帰りに日本酒(300cc)とつまみを買おうと帰り道途上にある初めてのスーパーに立ち寄り、店員にデビットを使えるかと聞いたら、「あいにくうちはカードは一切使えません、現金のみです」と言われた。こちとらの「暮らし」を変える前に流通業界を変える必要がありそうだ。
 
んで、久々にスポーツ施設へ。
 
晴れ渡った空の下、川原の雑草も刈り取られ、いい気分で歩けた。
 
Photo
 
途中、ケータイ電波の中継器にしては太いなぁと、前から気になっていた塔の近くへ行ってみた。
 
Photo_2
 
塔の近くに河川事務所の出張所があり、川の水量監視用の展望塔だと判明。その近くにあった意味不明の造形物についても、やはり水量を測るためのものと正体がわかった。
 
Photo_3
 
行きは「アマゾン・ミュージック」の「のんびりカントリーミュージック」、帰りは「心と体を癒すポップス」を聴きながら緩急歩行法で歩いた。
Photo_5
帰りは夕焼け空の下、正面にうっすらと見える富士山に向かって歩く。
 
 
往復1万4612歩、1万228m。プールでは水中歩行20周(40分)、水泳25m×8本。
 
帰宅すると、スマホの写真共有アプリ「KiDDY」に福島のド田舎に住んでいる孫の写真がアップされていた。
 
Photo_4
 
きょうはあっちも天気が良かったようだ。

2016年11月 5日 (土)

Amazon・プライムミュージックを楽しむ♪

ここんとこ朝夕めっきり寒くなってきたので、一昨日にカミさんと一緒に今シーズン初の灯油を2缶も買ってきたばかりだというのに、きょうになって突然、電気ヒーターが欲しくなり、ネットであれこれ調べたあげくにグラファイトヒーターというやつの消費電力を400Wと200Wとに切り替えられるやつを見つけて、アマゾンで6064円で購入しちゃった。
 
これまでずっと石油ファンヒーターを愛用してきたのだが、家にいるときのほとんどを過ごしているわが書斎は2.7畳という狭い部屋なので、石油ファンヒーターだとすぐに熱くなりすぎて、スイッチを頻繁に入れたり切ったりしなければならなかった。
 
それを小さな電気ヒーターに替えれば、ちょうど良い塩梅になるのではないかと思ったのだ。
 
アマゾンで購入の手続きをするついでに、ついついプライム会員への勧誘に乗って入会してしまった。
 
アマゾンのプライム会員は年会費3900円(税込)で、月換算325円。これで、お急ぎ便や配達日時指定が無料になるだけでなく、プライム・ビデオやプライム・ミュージックを楽しめるなど、コストパフォーマンスがかなり高いので、以前から入会しようかどうか迷っていたのだ。まぁ、年会費制なので、一度思い切って払ってしまえば、それから1年間は悩まなくて済むというのも背中を押す要因となって、ついつい入会ボタンをクリックしてしまった。
 
最大の狙いは、プライム・ミュージックである。配信曲数100万曲と、他の音楽配信サービスに比べると見劣りするが、すでに愛用している「スマホでUSEN」と組み合わせれば大いに楽しめる。「スマホでUSEN」はジャンル別のチャンネルにしてもアーティスト別のチャンネルにしても、ユーザーがリクエストすることは不可能。その点、プライム・ミュージックは他の一般の音楽配信と同様に自分で好きなアーティストの曲を選び、好きな曲だけを聴き続けることが可能だ。
 
早速、わがスマホ「富士通 ARROWS M01」にプライム・ミュージック(アプリの名称は「アマゾン・ミュージック」)をダウンロードし、ソニーのBluetooth接続用アプリ「ソングパル」に登録↓ 左上の青の「music」というアイコンがそれ。
 
Photo
ちなみに「スマホでUSEN」は左下の赤い音符マーク。
 
 
Bluetooth接続で、わがデスクトップオーディオ「CAS-1」につなげると、すぐに良い音を奏で始めた。
 
20161105_165653
 
写真のスマホの後ろにある縦置きのアンプとスピーカーがCAS-1。
 
これで、在宅時はもちろん、通勤時の音楽ライフも一段と楽しめそうだ。
 
あと、これ欲しいんですけど…。
Mdrxb70bt_b
ソニーのワイヤレスイヤホン「MDR-XB70BT」。
 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ