« Play Musicを再び試す | トップページ | 大学ゼミの同期会 »

2016年11月21日 (月)

突っ込んだ片足を引き戻せたかな(・.・;)

3カ月に一度の通院日('ω') 。内科のほかに前回から半年に1回のペースに変更になった泌尿器科にも診てもらう。
 
いつものように8時すぎにA総合病院に到着。採尿・採血を済ませてから、コーヒースタンドで朝食を摂る。診察開始の9時ジャストに内科の待合室に行き、電光掲示板を確認すると、おらは本日2番目の患者になっていた。最近、だいぶ患者が少なくなっている気がするけど、大丈夫かなぁ、この病院。
 
んで、前回、主治医に「予備軍を通り越して、もはや片足を突っ込んだ状態」と言われ、最も気になっていた糖尿病関連は、この3カ月の必死の減量作戦が功を奏し、改善が見られた。
 
すなわち血糖値は113mg/dlと基準値の80-110mg/dlをオーバーしているものの、前回の123mg/dlに比べれば良好。HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワンシー)も6.3%と、基準値の4.3-5.9%を超えてはいるものの、前回の6.6%よりは改善。主治医も「6.5%以上が糖尿病ですから、まずまずですね」と、おらの努力を讃えてくれた。
 
加えて、前回が296mg/dl、前々回(5月)が328mg/dlと基準値の30-150mg/dlを大幅に超過していた中性脂肪が117mg/dlと大幅に改善し、正常値になった。1日1万歩以上、週1回のスポーツクラブ通い復活の効果はここにいちばん現れたと思われる。
 
ただし、腎臓関連のクレアチニンはいぜん基準値オーバーのまま。まぁ、悪化はしていないけど…。
 
肝心の血圧は、受診直前に自動機で測定した値が149/97。それを見て、主治医は「まぁまぁですね」というので、「えっ? これって高いんじゃないの?」と内心で思いつつ、過去3カ月にわたり自分で記録したもっと高い値が並ぶ表を見せながら、「最近はとくに朝が高めに出るんですけど…」と相談すると、その表をチラ見しだけで、「どうしても寒くなると高めになるんですよ」といいつつ、降圧剤を1種類増やそうということになった。これで、降圧剤は3種類になる。
 
続けて、泌尿器科へ。前立腺がんの手術をしてくれたI先生が米国に留学したので、新しいI先生(頭文字が同じ)と初対面。こちらは、半年に1回、血液検査でわかる前立腺がんマーカーのPSA(前立腺特異抗原)値をチェックするだけなのだが、その値は0.01未満と異常なしだった。こちらは処方箋もなしで、診察時間30秒程度でご放免。
 
内科、泌尿器科を合わせて診察料金は3,690円。隣の薬局で支払った薬代は16,680円。

« Play Musicを再び試す | トップページ | 大学ゼミの同期会 »

健康」カテゴリの記事

前立腺がん闘病記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/64524978

この記事へのトラックバック一覧です: 突っ込んだ片足を引き戻せたかな(・.・;):

« Play Musicを再び試す | トップページ | 大学ゼミの同期会 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ