« 演歌とジャズの相性の良さを再確認 | トップページ | 死期を悟り、感謝の集いを開く人の心根を思う »

2017年11月15日 (水)

スマホを新調

先日、大阪で行われた季刊誌の編集会議で原稿料を少しばかりもらったので、スマホを新調した。

「富士通arrowsM04」=写真右。

Photo

これまで使ってきた「富士通arrowsM01」=写真左=の最新型だ。

契約通信サービスプロバイダーのNifMo(ニフモ=ニフティの格安スマホブランド)で機種変更したので、価格は2万8800円(税抜き)+手数料3000円と割安。

もっとも、このM04、世間的にはすこぶる評判が悪い。1年前の昨年夏に発売されたM03とスペックがほぼ同じだからだ。大きさはもちろん、内蔵メモリの容量もカメラの画素数もまったく同じ。違いと言えば、洗えることくらい(!)。

Photo_2
(富士通のホームページより)

そんなもん洗わんし!!

では、なぜ時代遅れともいえるスペックのM04をあえて選んだのか、というと頑丈なつくりになっているからだ。

これまでM01を使ってきて、駅のホームなどで何度もコンクリートの床に落としてきた。駅のトイレでは、上着の胸ポケットに入れておいたM01が上着を脱いだ拍子に勢いよく飛び出し、壁に叩きつけられてから跳ね返って床に再度叩きつけられたことが2回ある。だが、拾い上げたM01は何事もなかったかのように平然としていた。M01も防水対応だが、幸い水没事故はなかった。

arrowsMシリーズはこの頑丈さがウリである。うちのカミさんは「HUAWEI P9lite」を使っていたが、1年ほど前に台所でYouTubeを見ながら料理をしていて水没。あえなくオシャカにしてしまったので、防水対応のM03に変えさせた。M04はその防水性能に加え、耐衝撃性能も一段とアップさせたという。

2年前の9月にM01を購入して格安スマホ生活を始めた直後にM02が発売され、悔しい思いをしていたおらとしては、M01にあんまり愛着が持てず、早いうちに機種変更したいと思い続けていた。

最近発売されたiPhoneXも魅力だが、乗り換え駅の改札のすぐ近くにあるビックロで手にしてみると、コンクリートの壁や床に叩きつけたら液晶部分が簡単にひび割れてしまいそうな構造に思えた。何よりもスマホに11万円も投資できない。3万円で手に入るスマホがあるのだから。

それに、M04のスペックがM03からまったく進化していないといっても、これまで使ってきたM01と比較すれば大いに向上している。

液晶画面は4.5インチから5.0インチと大きくなり、本体サイズがひと回り大きくなったのにもかかわらず、厚さが10.9ミリから8.0ミリへと薄くなり、重さも153グラムから148グラムに減少。内蔵メモリもROM8GB、RAM1GBからROM16GB、RAM2GBと倍増した。カメラはアウト800万画素、イン130万画素がそれぞれ1310万画素、500万画素と申しぶんないレベル。

かてて加えて、今やほとんどのスマホから姿を消したストラップ穴がある。ガラケー時代が長かったおじさんたちにはストラップが必須なのだ。Mシリーズは頑なにストラップ穴を守り続けている。富士通はエライッ!!

で、早速、起動。各種アプリや電話番号帳などのデータをM01からM04に移し、ストラップも付け替えた。

時代遅れのスペックを承知で選んだM04。今度は長く使い続けようと思う。

« 演歌とジャズの相性の良さを再確認 | トップページ | 死期を悟り、感謝の集いを開く人の心根を思う »

ガジェット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/66047226

この記事へのトラックバック一覧です: スマホを新調:

« 演歌とジャズの相性の良さを再確認 | トップページ | 死期を悟り、感謝の集いを開く人の心根を思う »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ