« 春が来た(^^)/ | トップページ | ウォーキング時間を短縮 »

2018年3月30日 (金)

内臓脂肪がついに標準値ゾーンへ突入

毎朝、入浴前にタニタの体組成計で測定している内臓脂肪レベルが今朝、ついに「標準」ゾーンの9.5を記録した。

Photo

2016年8月に内科の主治医から、血液検査で糖尿病の数値が出ていると指摘されて以来、生まれて初めてのウォーキングを中心とするダイエットに取り組んできた成果だ。2017年1月からはネットで偶然知った真島康雄医師が唱えるRAP食(動脈プラーク退縮食事療法)も見様見真似で開始。それらの結果、体重は66kgから57kgに減少し、内臓脂肪レベルも「やや過剰」のうちの3段階のいちばん上の13.5から徐々に低下してきていた。

タニタの体組成計は、内臓脂肪レベル10..0から「やや過剰」と表示される。10.0は腹部をCT画像で輪切りの断面にして見たときの内臓脂肪の面積で100㎠相当となることをイメージして設定しているようだ。つまり、10.0レベル以上はメタボというわけだ。

すでに昨年末あたりからは、風呂から出たあとなどに10.0を下回ることがあったが、起床直後の入浴前に測定という公式記録で10.0を切ったのは今朝が初めて。まさに苦節1年8カ月の成果である。

この間、徐々にではあるが、順調に下がってきてはいたものの、つい2週間前には外食の機会が続いたためか12.0まで跳ね上がる日もあり、メタボ脱出への道険しと感じていたので、ほんとうれしい。

タニタのスマホアプリでみるとこんな感じだ。

1

青が体重で、黄色が内臓脂肪。いちばん下の赤線は目標体重で56kgのライン。当初の目標だった58kgをクリアしたので、今年初に新たに目標値を設定した。現在の体重はだいたい57kg台で、BMIは21台になる。

この半年でみるとこんな感じ。

Photo_2


この1カ月はこんな感じ。

1_2

これからは内臓脂肪を10.0レベル以下に定着させていくことが目標だ。

ちなみに、腹囲は86cm。なかなか減らない。これもメタボではなくなる85cm未満にしなくてはいけない。

いずれの目標も、達成するには今年いっぱいかかかるものと覚悟している。

« 春が来た(^^)/ | トップページ | ウォーキング時間を短縮 »

ダイエット」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/66554047

この記事へのトラックバック一覧です: 内臓脂肪がついに標準値ゾーンへ突入:

« 春が来た(^^)/ | トップページ | ウォーキング時間を短縮 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ