« バイクの魅力 | トップページ | 春が来た(^^)/ »

2018年3月24日 (土)

青空文庫に親しむ若者

朝一番で床屋へ。

床屋はほぼ1.5カ月に1度の割合で通っている。

きょうも徒歩で川の渡り石を使って向こう岸に出るショートカットコースを目指して出発。ところが、渡り石の付近まで行ってみると、いつもよりも水嵩が増していて、渡り石の上に水が流れている。後で床屋の若マスターに聞いてわかったのだが、昨夜の8時過ぎから雨が降ったらしい。前回、水が少しかぶっている石の上を強行突破して、靴の中に水が入り、帰宅するまで足の部分が気持ち悪いままだったときよりも、さらに石の上に流れている水が多いので、渡り石を渡るのをあきらめ、ずいぶん歩いた先にある橋を渡っていくことにした。

遠回りしたせいで、早歩きしたこともあり、春のポカポカ陽気も手伝って、ダウンジャケット姿のおらは床屋に到着したころには汗びっしょり。

カット&顔剃りのスタンダードに、オプションとしていつもの顔エステに加え、きょうは特別に頭皮マッサージも追加。正式な名称は忘れたが、頭がスースーするトニックのような液体を塗って、念入りにマッサージしてくれる。気持ちい~い。締めて総額5015円(税込)。平日に行けば60歳以上は1000円割り引いてくれるのだが、今の会社に勤めるようになってからはめったに平日には行けなくなった。

顔剃りと顔エステの部分は、20代前半と思しきいちばん若い兄ちゃんが担当してくれるのだが、この兄ちゃん、2年近く前におらが「青空文庫」のことを教えてあげてから相当な読書家になったようで、きょうも向こうからその話をしてきた。

聞けば、青空文庫にある太宰治をすべて読破。今は芥川龍之介を読み始めたところだという。

Photo

青空文庫には現時点で太宰治の作品が272編ある。同じ作品でも新字と旧字のものがあり、それぞれ1編と勘定しているので、それを相殺しても250編ほどにはなるだろう。太宰は短編のものばかりとはいえ、1年半ほどで読破してしまうとは大した読書家だ。しかも、それまで太宰の存在すら知らなったというよりも、読書そのものに興味がなかったというから、青空文庫の存在とそしてそれを知らしめたおらの存在も彼の人生にとってはそれなりに意味あるものだろう。

芥川龍之介も短編ばかりだから、きっと読破してしまうだろう。

彼に青空文庫の存在を教えてあげたのは、『火花』で芥川賞を受賞したお笑い芸人の又吉直樹が太宰治ファンだという話題がきっかけだ。その後、床屋にいったときに青空文庫で太宰の『人間失格』を3回も読んだという話は聞いていたが、全作品を読破するまでのめりこんでいたとは知らなかった。

ああそうか。火花→又吉直樹→太宰治→芥川賞→芥川龍之介という連想なわけだと納得。こりゃ、そのうちこの兄ちゃんも筆を執り始め、ゆくゆくは芥川賞作家になるかもしれんぞ。

そんなことを思いつつ、きょうは、おらの青空文庫の楽しみ方を教えてあげた。

おらのiPad miniには青空文庫をダウンロード&読書するためのアプリが3種類ある。「i文庫HD」「neo文庫」「iBooks」だ。

Photo_2

上のホーム画面の一番上の列の左端が「フェイスブック」で、その右側にある3つのアプリが「青空文庫」専用。

この3つのアプリに別々の作品をダウンロードして読書中にしておくと、いつでも一つの作品に飽きたり、気分を変えたりしたくなったら、すぐに別の作品の読みかけのページを開くことかできるというわけだ。

例えば、今は「i文庫HD」で島崎藤村の『夜明け前』を読んでいるが、長編小説なので、電車に乗っている時間が短いときなどにはあまり開く気にならない。そこで、「neo文庫」で『宮澤賢治詩集』を読む。あるいは「iBooks」で『日本国憲法』を確認するといった使い方だ。

床屋の兄ちゃんは「なるほど、それいいですね」と感心していたが、口だけで説明したので、その便利さがどれほど伝わったかはわからない。

次に床屋に行ったとき、芥川という作家に対し、どんな感想を聞かせてくれるのか。彼の読書人としての成長が楽しみだ。

« バイクの魅力 | トップページ | 春が来た(^^)/ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/66532333

この記事へのトラックバック一覧です: 青空文庫に親しむ若者:

« バイクの魅力 | トップページ | 春が来た(^^)/ »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ