« ポリープを切除!! | トップページ | ソニーのICレコーダー「ICD-UX560F」を購入 »

2018年5月10日 (木)

(ほぼほぼ)メタボ脱却ぅ~~~っ!!!!

実はきょう、タニタの体重・体組成計に乗るのをひそかな楽しみにしていた。

なぜなら、きのうの大腸検査のために、おとといからロクなものも食べていないからだ。プチ断食をしたと言っても過言ではない状況なので、体重が減っているのは確実で、それに伴って内臓脂肪も減っているに違いないと期待したのだ。

で、入浴前に測った結果は…。

なんと、体重は56.25kgとダイエットを始めた2016年8月以来の最低を記録。当時の過去最高記録から9.75kg減少した。

一方の内臓脂肪レベルはぬわ~んと8.5と公式記録(起床後の入浴前に測定)の最低をマーク。おととい、きのうと2日連続で過去最低の9.5をつけていたので、ある程度期待はしていたが、その期待を裏切らない結果となった。

85_2

ついでに他の数値もメモしておくと、体脂肪率13.5%、筋肉量46.1kg、推定骨量2.5kg、基礎代謝量1296.0kcal、体内年齢50歳、体水分率62.0%だ。

タニタのスマホ用アプリのグラフでみるとこんな感じ。

1

過去1年の推移。青が体重、黄が内臓脂肪レベル。

Photo

過去3カ月の推移。

いずれも一気に下方に突き抜けた感じだ。

うれしくなって、風呂から出たあともう一度測り直すと、体重は変わらないものの、体脂肪率が12.4%まで低下。

124

内臓脂肪レベルは8.0と未踏の領域に入っていた。

80

もちろんこれは非公式記録なので、記録に残さないが、1年10カ月に及ぶダイエットの成果が実感できて本当にうれしい。

さらに、腹囲も測ってみると、84cmほどな感じ。ただ、お腹はちょっとした力加減で大きく増減する。自分で測るとメジャーを見る際にちょっと前かがみになるので、そのぶんお腹を圧迫しているかもと考え、自然体で正面を向いてまっすぐ立っているところを改めてカミさんに測ってもらうと、「おっ、83cm!」という答え。

やったぁ。腹囲の縮減がいちばんうれしい。ダイエットを始めた当初は93cmだったから、ついに10cmの減少である。

「内臓脂肪症候群」と訳されるメタボリックシンドロームの判定基準は、腹囲が85cm以上で、なおかつ中性脂肪、血圧、血糖値のうち2つが基準値を上回ることだ。つまり、腹囲85cmはメタボの必要条件なので、腹囲が85cmを下回れば、すなわちメタボではなくなるのである。

統計医学的に見たメタボの基準はCT(コンピューター断層撮像装置)でお腹の断層面を観たときの内臓脂肪の面積が100平方cm以上となっている。腹囲85cm以上というのは、腹囲に換算すると、内臓脂肪面積100平方cmはだいたいそれくらいになるという数字だ。健康診断でいちいち手間とお金と時間のかかるCTスキャンを使っておれないので、便宜的に設定した数字だ。

それをタニタは特殊な技術と算定方式を使って、内臓脂肪レベルという体組成計用の数値を開発。内臓脂肪断面積100平方cmに相当する内臓脂肪量をレベル10.0として測定できるようにした。

ということは、腹囲83cm、内臓脂肪レベルが公式記録で8.5のおらは、もはやメタボではないのである。

いまや、ほぼほぼダイエットの目標を達成したと考えている。

安倍政権のデフレ脱却よりもひと足早いメタボ脱却である。

ほぼほぼとあえて接頭語をつけたのは、まだ本日の数値が確実に定着したとはいえないからである。グラフを見てもわかるように、体重と同じように内臓脂肪レベルも日々増減する。今のところ、内臓脂肪の増減の中心軸が10.5から10.0に低下しつつある過程と考えていいだろう。

おらとしては、この中心軸が9.5、できうれば9.0になったときに本当の快哉を叫びたいと思う。

ダイエットの成果に喜びを感じる一方、頭が痛いのが今までの洋服が合わないことである。夏物に替える際に、チェックしてみると、背広やジャケットはAB4が最も多く、いちばんお気に入りだったジャケットなどBB4だった。今やせいぜいA4かA3、YA4でもいいくらいだ。

ズボンのほうは、ウエストが大き過ぎてシワがいくつもできるので、もっと深刻。少なくともこの10年はズボンのウエストは85cmと決めていたので、ぜ~んぶブカブカだ。おそらくいまのウエストサイズは80cmでちょうどいいだろう。

経済的に、一気に買い替えるわけにはいかないので、少しずつ新調していくしかない。

このダイエットの成果が実際の体質改善につながっているのか否か。その最初の答えは、5月28日(月)の血液検査の結果でわかる。

同日は、採尿、採血をしてから、まず泌尿器科で前立腺がん再発指標となるPSA(前立腺特異抗原)値の結果を聞いた後、内科で高血圧をはじめとする各種指標のチェックと医薬品の処方、それときのうの大腸検査で切除したポリープの生検結果を聞くことになる。

3カ月前の通院日には、糖尿病の指標であるヘモグロビンA1cが大きく改善するなど、おおむね良好で、唯一、腎臓の指標であるクレアチニンが悪化したのが気がかりだった。28日はそれがどのように変化しているのか。期待と不安を交えながら診察に臨むことになる。

« ポリープを切除!! | トップページ | ソニーのICレコーダー「ICD-UX560F」を購入 »

ダイエット」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/66704459

この記事へのトラックバック一覧です: (ほぼほぼ)メタボ脱却ぅ~~~っ!!!!:

« ポリープを切除!! | トップページ | ソニーのICレコーダー「ICD-UX560F」を購入 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ