« 頸動脈プラークに改善なし('ω') | トップページ

2018年12月23日 (日)

ひとりでクリスマス気分のコンサート

3週間ほど前からカミさんの体調が悪い。

頭と歯と腰が痛いという。三重苦である。

2日ほど寝込んだあと、おらの行き付けの成金趣味クリニックのS脳神経外科に自分で勝手に診てもらいにゆき、脳MRIと血液検査を受ける。その数日後、本人の行き付けの歯医者にも診てもらう。

その結果、これといって悪いところはないと言われたそうだ。腰の痛いのは首が曲がっている(!!!?)せいなので、仕方ないということだそうだ。歯も別段悪いところはないということで、S脳神経外科で処方された痛み止めを飲みつつ、快復を待つ日々だ。

カミさんによると、S脳神経外科で処方された痛み止めは三半規官の異常を治す働きも兼ねていて、飲むと痛みはやわらぐものの頭がボーッとして倦怠感を覚え、何もやる気がなくなるのだそうだ。

そのうえ、サジを投げられた腰のほうは今やぎっくり腰並みに痛みが増してきたということで、3カ月も前からカミさんが予約していたグローリー・ゴスペル・シンガーズのクリスマスコンサートにおら一人で行くはめになった。

Photo

(テイト・コーポレーションのホームページより)

会場は「川口総合文化センター リリア」。別名リリアホールという1・2階合わせて2000人弱収容のおらにはいちばんリラックスして聴ける規模のホールだ。

Photo_2


開演前のホールの広いロビーでは、地元の合唱団がお揃いのクリスチャンガウンを着てクリスマスソングのミニコンサートを開いており、いよいよムードが高まる。

で、開演。おらの隣のカミさんが座るはずの席に上着とマフラーとバッグを置き、そちらにあげた足が向くように足を組むという間隔の狭い椅子席にあって余裕のポーズでコンサートを楽しむ。

バックはドラムとキーボードとベースのみ。女7人男3人のゴスペルシンガーが揃っているのだから、それで十分なのだろう。

背景全体に曲に合わせたCGを映してご機嫌なステージを繰り広げた。

難点はプログラムがないこと。なんでじゃ。聖夜やらアメイジンググレイスやら諸人こぞりてあたりはわかるのでいいが、知らない歌はやはり題名くらい知っておきたい。なのにプログラムがないてのでわからない。

まぁそれでも、ゴスペルはノリやすいので、そこそこノッて、立つべきところは立って、手を打つところは手を打っているうちにしっかりと楽しめた。

なんつっても、彼らは声量がすごい。男も女も良く声が出とる。おらもあんな風に声が出たらどんなにか幸せだろうにとうらやましくなるほどだ。声量豊かな歌声をたっぷり聞くと、清々しく満たされた気分になる。

最後のほうでは観客がスタンドアップするだけでなく、ステージにもどんどん上げて全員で合唱。歌うのはハッピィデイだ。この歌はもうちょっとアドリブを効かしてほしかったが、ごく普通に楽しく歌っていた。

Photo_3

女性歌手が「シャシン トッテ イイヨッ!」というので、スマホで撮った(映りが悪いけど)。意外と子供が多い。

アンコールの曲では歌手がペンライトを振るのに合わせて、会場の観客もライトを振り始めた。でも、ちゃんとしたペンライトを手にしていた人はほんの一部。他のほとんどの人はスマホのライトを点けてペンライト代わりにしていた。

あれはスマホにもともと搭載されている機能なのか、それとも専用アプリをインストールしているのか。おらは使ったことがなくよくわからないうえに、帰りの電車内でスマホのバッテリーが切れるのを恐れて真似はしなかった。

左斜め前の席の女性が隣の友達に合わせてなのか、何も光っていないスマホを振っていたが、あれは意味ないだろうと思った。

その最後の曲の背景のCGには「2018 Merry Christmas」、続いて「2019  Happy NewYear」と映し出され、歌手が会場に下りてきて観客と握手しながら退場。ロビーでは、ステージで女性歌手の一人がつたない日本語で訴えかけた通り、アジアの恵まれない子供たちのための募金をしていたので、なけなしの千円札を募金箱に投じてから帰途に。

これでいい年を迎えられるかな。クリスチャンじゃないけど。

« 頸動脈プラークに改善なし('ω') | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594586/67511353

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりでクリスマス気分のコンサート:

« 頸動脈プラークに改善なし('ω') | トップページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ