スポーツクラブ

2017年2月25日 (土)

巻き爪対策グッズ

アマゾンで足用の爪切りを買った。

外装

Photo_3

内装

Photo_4

ヤスリ付き。

Photo_5

1,899円。

上は8,000円台まであり、爪切りは〝切れ味〟が肝心だからと、悩んだのだが、結局、懐具合の結果でこれを選んだ。

使い勝手はまずまず。足の親指の巻き爪の巻き込んだ部分も楽に切れる。もっと早く使っていればよかった。

昨年暮れに自宅近くの皮膚科クリニックで治療してもらった左足親指の巻き爪は、苦節2カ月弱にしてようやく痛みが退いてきた。

皮膚科の医者は、「これは巻いている部分を切るしかないんです」と言って、爪の左側3分の1ほどをタテに切り落としちゃった。すると、爪の下にあった肉が腫れてきて、残った爪の上にまでのさばりだした。巻き爪ならぬ巻き肉である。

以来、その親指に赤チン(マーキュロクロム液)を塗り、靴のショックを和らげるために脱脂綿で保護し、包帯を巻くという作業が毎朝の出勤前の日課になった。折からのダイエットもあり、親指が痛かろうととにかくウォーキングは続けにゃいかんという強~い意志のために、何ら迷いはなかった。

んで、そんな自分の傷の手当というここ久しくなかった作業を通じて、世の中の進歩というものも実感した。

包帯のことである。

Photo_6

右の商品は、指をグルッと巻いたあと、そのままハサミで切ってから、包帯と包帯をテープのようにくっつけられる。左の商品も同じように包帯の上に包帯の端をくっつけられるうえに、ハサミを使わなくても手でちょん切れるという優れモノ。実に便利である。

そう思ってまとめ買いをしたので、すでに巻き爪の痛みも退いてきた今は、ちょっと無駄になったかもという気も…。

さて、本日は市営スポーツ施設まで往復12,675歩、8,872m。水泳25m×10本、水中歩行20周。

2016年12月24日 (土)

それなりにリア充の静かなイブだったりして…

朝7時に起床し、風呂、朝食を済ませ、ニュースをチェックしたりしたあと、9時過ぎにスポーツ施設へ。本当はもっと早く出かけたかったのだが、モタモタしている間に遅くなってしまった。
 
スポーツ施設に行くのは2週間ぶり。ずいぶんさぼってしまった。
 
まだ、左足親指の巻き爪は完治しておらず、歩くと痛いのだが、コットンと包帯を巻いてクッションにし、靴下をその上から履けば何とか痛みを我慢できる。靴もスニーカーはやめて、指回りに余裕のある革靴にした。
 
いつもの川べりを歩くこと45分。
 
Photo
 
途中、スマホ(富士通ARROWS M01)で、グーグルの音楽ストリーム配信「PlayMusic」のステーション(プレイリストみたいなもの)「クラシック名曲のカクテル」を聴きながら歩く。
 
普通に羽田健太郎 の「アンダンテ・カンタービレ」がかかったあとに、バッハのジャズアレンジによるヴァイオリン演奏が続いたかと思うと、ユーミンの「ひこうき雲」をテーマにしたヴァイオリンコンチェルトがかかるので、「なんじゃこれ?」と思ってスマホ画面の説明をみると、クラシックからジャズ、J-POPまで著名な曲を全部ひっくるめてかけるので「カクテル」というらしい。
 
それでも、演奏家はすべてクラシック畑の人間ということで共通しているのかな、と思ったら、トーマス・ハーデン・トリオの「亜麻色の髪の乙女」がかかったりする。トーマス・ハーデンは確かジャズ畑の人だから、文字通りごちゃごちゃなんだな、どっかクラシックがかっていればいいのか、なんて納得しながら歩く。
 
まっ、朝のうららかな陽光の下で聴くには最適なステーションだったかもなと感じた。
 
ほぼ10時にスポーツ施設に到着。チケットを買って、カウンターでロッカーのカギをもらう。
カウンターのスタッフは全員トナカイの角やら、サンタクロースの帽子やらをかぶってムードを盛り上げていて、「そうか、きょうはイブだったのか」と気づく。
 
早速、プールへ。
 
まずクロール25m×10本。できれば20本やりたいと思ったが、続かない。やはり肺に穴が空いている(肺気腫)からかなぁと思いつつ歩行用プールへ。10周で打ち止め。
 
風呂に行くと、いつもより空いていていい気分。バブルジェットで肩、背中、太ももをマッサージしたあと露天風呂へ。うららかな陽射しを浴びながら入る風呂は最高だぜっ!
 
んで、帰路は音楽ストリーム配信「Spotify」のプレイリスト「Acoustic Blues」を聴きながら歩く。西部開拓時代のカントリーっぽい匂いが残るアメリカンテイストなブルースのオンパレードなんだが、アコーステックギターに絡むベースの音がおらのハートにめっちゃ響く。
 
というのも、こないだ買ったばかりのワイヤレスイヤホン「MDR-XB70BT」の低音の鳴り方がハンパじゃないんだ。こんな小さなハウジングのどっからこんなドスの利いた音が出せるの?とあきれるほどガンガン来るのだ。
 
これ気にいった。下の宣伝写真を見たときにネックバンドの部分がちょっと長過ぎね?と思ったのだが、そんなことはない。
 
Photo_2
 
実際に装着してみると、ちょうどいい長さというか、厚手のウィンドブレーカーの襟を立てて、その上から装着すると逆に短く感じるほどだ。
 
んで、けっこうノリノリな感じで歩いていたら、川原でサッカークラブかなにかの少年少女と父兄がもちつきをしていた。
 
Photo_4
 
近所のスーパー「いなげや」に着いたので、日本酒の棚を物色し、これを購入。
 
Photo_3
 
スパークリング日本酒「澪」。初めてだったが、まぁ、スパークリングワインと似たようなもんだろうと判断し、普通の日本酒と合わせて買った。
 
レジに行くと、レジの前に立つ若い店員もおばさん店員も全員がサンタの帽子姿。こういうのって、いつの間に広がったのだろうか。いまやS脳神経外科だけの話じゃないんだなと認識を新たにした。
 
12時30分頃帰宅。スマホの歩数計をみると、1万2327歩、歩行距離8628m。
 
カミさん手製のヤキソバを食べて、自室でまどろんでいると、福島に住んでいる娘からわがiPad miniにFacetimeをかけてきた。画面を見ると、上の孫がケーキの前で今やろうそくの火を吹き消そうとしているところだ。来週後半には娘夫妻と孫2人がわが家に来る予定で、カミさんと娘がその打ち合わせをする。
 
先週もFacetimeをかけてきたので、孫にクリスマスプレゼントは何がいいかと聞くと、娘が「サンタクロースにもらうからジジはいいのっ!」と言って、話を遮ろうとする。サンタの存在を疑わせるような発言をしてしまったのだと、後で気が付いた。だから、きょうはサンタには触れないでおいた。
 
その後、カミさんが「特別料理を予約しておいたから」と言って、近所のスーパー「ヤオコー」に出かける。
 
いなげやとヤオコーは数百㍍しか離れていないのだが、混み方がぜんぜん違う。ヤオコーのほうが圧倒的に人気があるのだ。帰ってきたカミさんによると、きょうはとくに混雑していて、予約の品を受け取るコーナーは戦争状態だったそうだ。そのためか、こちらはクリスマスコスチュームは無しだったという。
 
夕方6時に夕飯。特別料理とは何かと思ったら、にぎり寿司とテリーヌなど洋風オードブルのセット。息子は出かけて不在なので、夫婦2人前で3800円程度だそうで、当然ながらにぎり寿司に大トロは無し。
 
「一度でいいから大トロを腹いっぱい食べてみたいね」
「でも、3貫か4貫、せいぜい5貫も食べれば、ほかのものが食べたくなるわよ」
「確かに、赤身も捨てがたいもんな」
 
などと他愛のない会話を交わしながら、スパークリング日本酒「澪」に舌鼓。思った通りスパークリングワイン風なんだが、これ、ちょっと甘過ぎだ。
 
仕上げに、上のほうがタルト風のショートケーキをいただき、コーヒーをすするうちに夫婦2人の静かなイブが更けていくのでした。

2016年12月10日 (土)

きょうもスポーツ施設へ

午前中にクルマで買い物。スーパーで天然水2㍑ボトル6本入り1箱を買い、図書館でCD3枚返却&3枚借り出しし、ガソリンスタンドで灯油18㍑を購入して帰宅。
 
昼食後、土日の日課となりつつある市営のスポーツ施設へ片道徒歩45分をかけて行く。
水泳25m×10本、水中歩行10周、風呂。
 
川べりの遊歩道を通って日が沈まないうちに帰宅。途中、スーパーに寄って日本酒180cc瓶とビール「一番搾り」135ml缶、それに酢だこを買う。最近、この小さな缶ビールに凝っている。ビールは最初のひと口がうまいというおらの考えに沿ったような商品。ほんとうにひと口ぶんしか入っていない。
 
Photo_3
 
1万4016歩、9811m。

2016年12月 4日 (日)

スマホを使う音楽鑑賞スタイルの方向性が明確になってきたぞ

先日、夕食のテーブルに家族3人が久々にそろったときの事。おらが3カ月100円で試聴中のグーグルの「Play Music」の話をし、「4カ月目以降も月980円を払って続けちゃおうかな」というと、愚息が「何のために図書館通いをしてCDの楽曲を貯めてんだよ。スマホにその楽曲を入れて聴けばいいじゃん」と反抗的口ぶりでおらのことを批判した。
 
言われて、「確かに、その手があるのを忘れていた」と気がついた。そういえば、おらのiPod shuffleが最近、音楽を聴いている最中に突然、ガガガギギギと異音を発したかと思ったら、その後ウンともスンとも言わなくなってしまったのだ。まだ、精密に確認していないが、どうやらご臨終のようである。
 
そこで、通勤時など外出途上の音楽鑑賞方法として、音楽配信の「スマホでUSEN」やアマゾンの「プライムミュージック」、それに「Play Music」をあれこれ試していたのだった。一方で家にいるときは、ソニーの音楽再生ソフト「Media Go」などで自分のパソコンに入っている全楽曲をシャッフルで聴くことが多い。
 
スマホにこれらパソコンの楽曲を取り込めば同じように楽しめるわけだ。パソコンの楽曲は音楽専用の外付けHDDに入れており、Media Goの表示によると現時点でアルバム数で1214枚、楽曲数で1万6951曲ある。容量にして130GB。おらのスマホの外付けSDカードは32GBなので、全部は無理だが、Media Goの中に作ってあるプレイリストのいくつかを入れられる。
 
久しくスマホのSDカードを操作してなかったので、どこにカードが入っているんだっけとスマホを眺めているうちに、別にカードを取り出さなくてもケーブルでパソコンにつなげばいいんだと気づいた。これまでiTunesでiPodに楽曲をエクスポートすること以外の方法を試したことはかったので、一抹の不安はあったが、いざ、スマホをパソコンに接続してMedia Goを開いてみると、直感的に楽曲のエクスポート方法がわかるほど簡単に操作できた。
 
パソコンにインストールする音楽再生アプリは、パソコンで各種アプリの評判をチェックしてから、ハイレゾ対応で、おらも音楽ファイル販売サイトの会員になっているオンキョーの「ONKYO HF Player」を選択。このアプリも操作がきわめてわかりやすくできていて、直感的に「プレイリスト」というのを開くと、おらがMedia Goからエクスポートしたものがそのまま並んでいて感激した。
 
20161204_125043
 
 
プレイリストの一つを選ぶと、今度はその楽曲が一列に並ぶので、シャッフルを選択したあと楽曲の一つを適当にクリックすると、音楽が始まる。
 
20161204_121722
 
画面表示もわかりやすく、デザインも良い。
このアプリ、気に入った。
 
これもスマホの「SongPal」に登録。ソニーのデスクトップオーディオ「CAS-1」ですぐ聴けるようにした。
 
20161204_122830
 
その折り、SongPalに登録されているアプリを起動すると、自動的にCAS-1のスイッチが入り、Bluetooth接続するように設定できることを発見。さっそく、設定したのだが、これは便利。
 
おらは朝6時に起床して、風呂のスイッチを入れた後、自室に20分ほどこもり、スマホの音楽をCAS-1で聴きながら、血圧を測り、iPad miniに日経新聞電子版をダウンロードするのが日課。このとき、CAS-1のスイッチを入れる動作を省略できるわけだ。
 
朝は自分のパソコンの楽曲を聴くよりは、音楽配信ソフトが勝手に提供してくれる「快い目覚めのために」だの「すがすがしい朝のひとときに」などといったプレイリストを聴くことが多い。
 
自分の楽曲をスマホで聴けるようにしたことにより、故障したiPod shuflleに代わる携帯音楽プレイヤーを買う必要がなくなった。そして、Play Musicも試聴期間が過ぎたあとは契約解除をしようと思う。
 
従って、外出時の音楽鑑賞スタイルは、すでに年会費を支払い済みのプライムミュージックと自分の楽曲の2本建てということになる。これなら、最近、制限オーバーぎみのスマホの通信量も少なくて済む。これで、決まり!!!
 
んで、きょうもスマホで「おらの好きな曲」(330曲)をシャッフルで聴きながらスポーツ施設へ。
 
午後2地に家を出発し、途中、図書館に寄り、帰りはスーパーで買い物をして帰宅。
 
往復1万2916歩。9041m。水泳25m×10本、水中歩行10周。

2016年10月16日 (日)

スポクラ通い復活!

きのう、きょうと市営のスポーツ施設に行ってきた。
 
前立腺がんを手術する直前の2年前の5月まで通っていたスポーツクラブではなく、わがまちがごみ焼却場の余熱利用で4年前に新設した市営のスポーツ施設のほうだ。
 
先日、床屋に行ったときに若マスターに、「川に沿って歩いて行けるから」と同施設の利用を勧められたのがきっかけだ。ただ、ウォーキングで行くと、片道ざっと40~50分かかりそうなので、帰りのことも考えるとちょっとためらいがちになっていた。
 
それでも、自宅周辺のウォーキングを続けていると、だんだん飽きてきて道選びに悩むようになる。そこで、きのう、思い切ってその市営のスポーツ施設に行ってみたのだが、川伝いに自然の中を歩くというのは結構、楽しめるものだとわかり、連日のスポーツ施設通いと相成ったのである。
 
きょうはまず、家を出発するときに「Yahoo!地図」の歩行ナビでドア・ツー・ドアの距離をチェック。すると自宅からスポーツ施設まではきっかり4Km。家を出て、すぐに川原に下り、川原の遊歩道を歩き始める。
 
1
 
空にはうろこ雲が広がり、さわやかな一日。「スマホでUSEN」のトップ画面を開くと、ノラ・ジョーンズの特集をやっているので、イヤホンでそれを聴きながら、速歩きと普通歩きを3分交代で繰り返しながら進む。
 
なにしろ、川辺の遊歩道なら前後からクルマが近づく心配がないので、気楽に歩ける。
 
途中、何やら挙動不審の若い男2人連れと会う。バーベキューセットらしきものを自転車からおろしつつ、あっちこっちをキョロキョロと見回しているのだ。この川辺には年がら年中、土日になると、野外パーティーを楽しむ連中が押し寄せてくるので、その若者たちも珍しくはないのだが、なぜか、広い場所ではなく、わざわざちょっとはずれた場所でたむろしている のが気になったのだ。
 
その後、野外パーティーの定番ともいえる場所でテントを広げている別のチームの連中や、釣り人たち、川遊びの子供たちなどを横目に先を急ぐと、橋が見えてきた。
 
2
 
川原に下りてすぐに橋を1つくぐったので、これは2つ目の橋。
 
3
 
さらに進むと、3つ目の橋が見えてきた。これは電車の鉄橋である。
これをくぐっってしばらく歩くと、水門(樋管)に出くわす。
 
4
 
ここから先は川辺の遊歩道がなくなるので、土手にのぼり、土手の遊歩道を進む。
 
5
 
 
すると4つ目の橋が見えてくる。この橋をクルマを避けながら横断。
 
6
 
さらに進んで、5つ目の青い橋のたもとに到着する。
 
この橋のたもとから土手を離れ、一般道に入る。残りはあと1km、ふ~っ。
 
7
 
すると、左手に公園が見えてくる。
 
8
 
その向かい側がスポーツ施設である。
 
9
 
到着。時計をみると正味45分かかった。
 
このスポーツ施設は、トレーニング施設とかスタジオとか、使用する施設ごとに料金を払う仕組みで、おらは温水プール+温浴施設で600円。自動販売機でチケットを買い、カウンターでロッカーのキーを受け取り、中へ。
 
まず、プールで水中ウォーキング。1周約70mの歩行用プールで、太ももを高く上げながら腰を左右にひねる歩き方と足を後方に跳ね上げながら歩くのを 交互に繰り返しながら、20周した。きのうは10周だったのを、きょうは倍も歩いた。所要時間40分。
 
次に採暖プールでジャグジーに浸かったあと、競泳用プールでクロール25mを4本、つまり100m泳いだ。きのうは1本でやめたが、そんなに疲れなかったので、きょうは4倍に増やした。
 
そこでプールを引き揚げ、お風呂へ。
 
きのうは入らなかったサウナにも入るなど、きょうはゆっくりのんびりお湯に浸かった。
トータル2時間弱をこのスポーツ施設で過ごし、帰路に。
 
あたりに夕闇が迫る中、夕焼け雲の方向へ4kmの道のりを歩きだす。
 
10
 
正面には、かすかに富士山の姿も見える。
 
川辺の遊歩道はところどころ途切れているので、出かける前に家の近所の電気屋で買ったLED携帯ライト(980円)をさっそく取り出して足元を照らしながら歩く。
 
11
 
「スマホでUSEN」の「1970's歌謡曲」を聴きながらずんずん歩く。緩急歩行でずんずん歩く。
 
途中、川辺の繁みの中から異音が聞こえてきたので、イヤホンをはずして音のする方向を凝視すると、10人くらいの男女が輪になって座り込み、懐中電灯くらいの灯りしかない暗がりのなかで、ペチャクチャとおしゃべりしていた。
 
そのおしゃべりの言葉はペトナム語なのかカンボジア語なのかよくわからないのだが、どうやら東南アジア系の人たちのようである。こんなに暗くなってまで野外パーティーを続けているのは故国の風習なのか、それとも異国の地で、同郷の仲間で集まって、日ごろの悩みを打ち明けあい、飲んで歌ってうさを晴らしているうちにいつしか日が暮れたものの去りがたく、互いに帰ろうと言いだしそびれているのだろうか。
 
さっきの挙動不審の若者たちが乗っていた自転車も近くに置いてあるので、きっとあの若者たちもこの中にいるんだろうな。ちょっとはずれの狭い場所に陣取ったのは、日本人の野外パーティーチームに遠慮したのかな。なんて、勝手に想像力を働かせてみる。
 
それにしても、平和なニッポンよ、バンザイである。
 
んで、無事帰宅。やっぱり帰りも45分かかった。
 
きのうよりも、一段と張り切ったせいか、やはりだいぶ疲れた。
 
スマホの歩数計をみると、1万5370歩。この中には、スポーツ施設に出かける前に、図書館と電気屋に行ったぶんも含まれている。
 
疲れたけれど、スポーツのあとはなんたって爽快っちゃあ爽快。しばらく土日に続けてみて、飽きないようなら「定期会員」というのになろうかな。土日祝のみ全施設を使えるコースなら月5500円だそうだ。

2014年7月27日 (日)

スポクラ退会

午前中、カミさんが運転するクルマでスポーツクラブへ。前立腺がんを手術する前に、休会届を出しておいたのだが、その期限が今月末で切れるため、退会に切り替えてもらうためだ。

残念だが、仕方がない。スタッフに付き添ってもらって、更衣室の契約ロッカーから自分の荷物を取り出すときがいちばんつらかった。なにせ、いちばん気に入った位置にあるロッカーを確保していたからだ。スタッフには、「いつか必ず復帰するからよろしく」と言っておいた。だけど、改めて再入会した暁には、あんないい位置のロッカーは確保できないだろう。背伸びするか、しゃがまないと荷物を出し入れできない位置しか残っていないもんな。

続いて、ドラッグストアへ。尿漏れパッドを買うためだ。退院してもう1カ月。下半身事情には一応、精通してきた。

つまり、外出時はこの組み合わせ↓

Jpg_2

在宅時はこの組合わせ↓

Jpg_3
…で決まり。前者のパッドは男性用で、昔のピンク映画で使った(と思われる)前張りのような三角形をしている。下がタマタマをギリギリ包むところまでで、小さ目。2時間に1回くらいのペースで取り替える。タイミングを失って3時間以上してからトイレに行くと、たいていパンツのほうにも漏れ出している。だから外出時はパンツを1~2枚、パッドを10枚くらい持参する。あと、使い終わったパッドは1枚ずつキッチンパック(ビニル袋)に入れ、内側にレジ袋を入れた手提げ紙袋の中に保管。帰宅時に持ち帰る。だから、通勤時の荷物が重くなるので、弁当持参をあきらめた。

在宅時は、男女兼用パッド。比較的幅が広い長方形で、お尻の後ろも丸ごと包み込むタイプで、吸収容量が大きく、安心感がある。1日当たり10枚程度を使用。パンツは基本的に1日1枚で済む。

この2つの組み合わせに決まるまで、けっこう苦労した。とくに男性用とうたっていながら、下の部分が会陰部にまで達するタイプにはまいった。腰掛けると、すぐに会陰部が痛くなるので、電車の中などでとても座っていられないのだ。「お前たち、自分で試してみたのかい!」と、そのメーカーに乗り込んで言ってやりたかった。

最近、就寝時に3~4回トイレに起きる。3分の1か半分くらい自尿できる。起きているときでも、在宅時はなんとなく尿意を感じてトイレに行くと、少し自尿できる。ただし、外出時はだめだ。会社にいるときも、尿が出ていることはわかるが、その前の尿意がいまいち感じとれない。

帰宅途中のマーケットで降ろしてもらい、久々に本屋へ。安野光雅著「皇后美智子さまのうた」を買うためだ。

書棚をざっと眺めているとき、ふと阿川佐和子著「叱られる力」を手にとってみた。最近、その前の著書「聞く力」がヒットしたと聞いていたので、「週刊文春」でおなじみの著者がどんな文章を書く人なのか気になったからだ。

ざっと立ち読みしてみて、呆れた。どこかで読んだ記憶のあるフレーズのオンパレード。しかも、引用元を明記してない。これって、糾弾されたら言い訳できないレベル。われわれプロは絶対にやらない書き方だ。高名な作家のお嬢さんだし、好感を持っていたのだが残念。

「皇后美智子さまのうた」は予想通り、良かった。涙、涙で読み終えた。安野先生、高齢もものともせず、頑張っておられる。見習いたい。

2014年5月24日 (土)

しばし休まん(>_<)

久々にスポーツクラブに行ってきた。いつ以来だろうと思ったら、何と3カ月ぶり。

ほぼ前立腺がんが見つかって以来、行ってないということになる。だが、別に体調が悪いわけではない。ずっと持ち帰り仕事があったり、法事があったり、孫が来たりしてなんとなく行きそびれていたのだ。

んで、きょう行ったのは入院とその後の療養に備えて、休会届を出すためだ。

まずは、いつものコース。ストレッチ20分。久々だけに身体が固い。スポクラに通う前の状態に戻ってしまっている。開脚前屈などをいつもよりも念入りにみっちりやって、固さをほぐした。それでも、好調だった頃の段階までは一日じゃ無理だ。ストレッチ後のマットメニューに尿漏れ対策の骨盤底筋体操をちょっと加えた。

それから筋トレ5種目。これも、かなりきつい。腹筋50回は何とか歯を食いしばってこなしたが、背筋はいつものメニューは20回のところを15回でやめてしまった。クロストレーナーもいつもの半分の20分。水泳にいたっては50m×1本でやめてしまった。

がんを全摘して体調が快復したらまた一から出直しだ。あせらず、ゆっくり続ければ体力がついていくことだろう。

プールサイドの露天風呂だけは、ほかに誰もいなかったこともあり、ゆっくり浸かった。

風呂場でシャワーで身体を洗い、いつものようにマッサージ機にかかってからフロントへ。ちょっと考えて、6月と7月の2カ月間を休会することにし、手続きした。レンタルタオルも解約したが、レンタルロッカーだけは継続することにした。かなり気にいった場所を確保しているだけに、他人に明け渡すのは惜しいのだ。

予定通り、8月からまたスポクラ通いをできるように頑張ろう。

露天風呂腹いっぱいに初夏の風         風越誠

仰ぐ目に若葉の染みる露天風呂         風越誠

さわやかな初夏の陽忘れじ露天風呂いつか帰ると心に誓う       風越誠

2014年2月23日 (日)

スポーツ三昧

日曜日♪

会社の同僚からメールあり。インフルエンザにかかり、25日(火)まで外出禁止とのこと。取材の手配がつかんなぁ(-_-;) まっ、どれかの取材をあきらめてもらうほかあるまい。

なんて考えながら、ストレッチ30分、筋トレ4種目、クロストレーナー45分、ホットアロマ60分、水泳50m×6本。

あすはカミさんが入院。大腸のポリープ2個を切除する。あさって退院。迎えに行けるかなぁ('◇')ゞ

「サンチャゴの鐘」を練習中。こりゃあいい歌だなぁ。

2014年2月14日 (金)

太るかも…

木場で17時前に仕事を切り上げた。早く終わることがわかっていたので、あらかじめカミさんに夕食は外で食べる旨をメールしておいた。だけど、どこにしけ込むのか決めているわけではない。

とりあえず、乗り換え駅の大手町で大手町ビル地下の「リトル小岩井」に寄り、ナポリタン(510円)を食べた。ときどき、無性にここのナポリタンを食べたくなる。職場が神谷町に変わり、めったに大手町でメシを食べる機会がなくなったので尚更だ。

期待通りというか、昔のままの変わらない味に大満足。突き出しの酢油キャベツも、なくてはならない逸品だ。4人掛けテーブル3卓と2人掛けテーブル1卓のみの狭いお店なので、昼のランチタイムを中心にいつも行列ができているのだが、アルコールはないので、さすがに夕食時は並ばなくても席に着けた。すぐに相席にはなったけど。ウェートレスも、混雑に慣れっこで、こちらが椅子に座る前に水と酢油キャベツを運んできて、「お決まりですか?」とすかさず聞いてくる。こちらもすかさず、「ナポリタン」と一言。すると「普通でいいですか?」とさらに突っ込みを入れてくる。そう聞かれると、つい「大盛り」と答えてしまいがちなところをグっとこらえて、「うん」とまた一言。ここまで、コートを脱ぎつつも、まだ座っていない。もう大盛り食う年じゃねぇし、デブになりたくねぇし…と心の中でつぶやく。

シーッハーッとしながら、再び電車に乗って帰途に。わが最寄り駅に近づくと、ふと、きょうもスポーツクラブに寄っていこうかなという気持ちになってきた。ナポリタンという小腹を満足させる程度の夕飯で済ませておいたのがよかったのかもしれない。今から運動しても、腹が重く感じたり、ゲップが出そうになったりする感じがしないのだ。がんがん運動できそう。

んで、ストレッチ30分、クロストレーナー40分、筋トレ3種目、プールに行って50m×2本、アクアビクス30分。露天風呂、サウナ、シャワー、マッサージ機。

湯につかり春のにほひをさぐるらん 風越誠

今の空気も水もたまりやすい水着だと、水中で動くほどに水着が重たくなり、アクアビクスもかなりつらい。 今の小生にとって、プールでのメニューをハードに感じる順に並べるとこんな感じだ。

水泳50m×10本>水泳50m×5本≧アクアプログラム>ウォーキング500m

クラブの外に出ると、サウナで火照った体が生ビールをほしがっているので、近くのサイゼリアへ直行。中ジョッキと小エビのカクテルサラダとチョリソーを注文。さらに追加でグラスワインの赤を1杯。これで引き揚げたが、昨日に続いて1日4食コースになってしまった。

やばい…。

2014年2月12日 (水)

久々の会社帰りのスポクラ

会社帰りにスポーツクラブに寄った。クラブに通い始めたころは、出勤日でもほぼ毎日クラブに寄ってから帰宅していたのだが、だんだん億劫になってきて、この半年かそれ以上の期間、土日や休日しかクラブに行かないようになっていた。これじゃ、健康維持にあまり効き目がないだろうし、毎月の会費ももったいないという気はずっとしていた。そこで、きょうは気力を振り絞ってクラブに寄った。

まず、2時間近くかかる通勤に入る前に、会社の近くのマクドナルドで、ハンバーガーとコーヒー(計220円)の軽い食事を摂る。なぜか、ハンバーガーがやたらしょっぱい。いつもの味と違う。店員にクレームを言おうかと考えたが、しょっぱいということに確固たる証拠を示すことができないので、つ~か、それ以上にめんどうなのでやめておいた。

で、電車に揺られて20時前に到着。アクアプログラムが20時30分からだったよな、と思いつつロッカー室の壁に貼られているレッスンスケジュール表を確認すると、水曜日の夜は有料の水泳レッスンしかなかった。

そこで1Fのジムに行って、いつものメニューをこなした。ストレッチ20分、筋トレ4種目、クロストレーナー40分。プールに行って水泳50m×5本。プールサイドの露天風呂に浸かったあと、風呂に行ってサウナ、シャワー。ドライヤーで髪を乾かしてからマッサージ機。

帰宅したらもう23時。カミさんが、またこの深夜の夕食(?)が復活するのかと戦々恐々の様子。早く寝たいのなら、食卓に料理を並べておいてくれれば、自分でチンして温めて勝手に食べるのに…。もっと言えば、自分で料理を作ってもいいんだけどな。

露天風呂雪照らす灯の静けさや      風越誠

この歌の場合の雪はしんしんと降り積む雪なんだろうな。今夜の露天風呂の場合は雪かきをして隅に集められた雪だったけど。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ