経営

2016年4月23日 (土)

三菱自動車には退場をお勧めする

先週末のこと、4月から勤め始めた会社の近くの銀行に預金口座を開いた。家計とは関係のないごく個人的なショッピングの清算などでちょくちょく銀行のATMを使うことが多く、今までは池袋の三井住友銀行を使っていたのだが、通勤経路が変わって池袋で下車しなくなったためだ。

行ったのは三菱東京UFJ銀行という合併を繰り返した歴史そのままの長~い名称をユーザーの都合を無視して恥ずかしげもなくいまだに使っている銀行の支店。

Photo

会社の事務担当者として、自分の労働保険(雇用保険+労災保険)加入手続きのために朝から労働基準監督署とハローワークをハシゴして汗をふきふき苦手な書類を何枚も書いて提出し、待合室の人ごみの中で自分が呼び出されるのをじっと待って、ようやくすべての手続きを終えてきたので、この銀行にたどり着いたのは午後3時ジャスト。

ちょうど銀行の窓口が閉まったところだったが、焦りも慌てもせず、ATMコーナーに立っていたガードマン風の人に、「預金口座を開設したいのですが…」と案内を請うた。予め、ネットで下調べをし、預金口座開設コーナーというのが午後6時まで開いていると知っていたからだ。

すると、ガードマン風の人も慌てず騒がず、「それなら、こちらです」と、ATMコーナーの隅っこに仕切りで囲った電話ボックスくらいの狭い個室に案内してくれた。

中にはテレビ電話があって、小さな画面に映る女性とやりとりしながら、書類を書いたり、質問に答えたり、身分証明用の免許証をみせたりして手続きを進める仕組みだ。近ごろはマイナス金利の世の中とあって、銀行としても預金してくれる客などそんなにありがたいものではないのか、それとも闇社会の連中による口座の売買やマネーロンダリングに絡んで当局の監督がうるさいのか、とにかく執拗に口座を開く理由などを聞いてくる。そして、ちょいちょい画面を中断して何やら調べたりしている。

そうこうするうちに、女性に代わって男性が登場。いきなり「飯田さん、兵庫県に住んでいたことはありませんか?」と聞いてくる。「兵庫県? ありませんが…」と答える。すると、また「ちょっと待ってください」と言って画面を中断し、電話ボックスの中に一人で放置される。

何やら、この銀行の客に小生と同姓同名で生年月日まて同じ人間がいるのだとか。かつて、以前の会社の給料振込銀行だった三井住友銀行で、同姓同名というだけで2カ月も別人の口座に給料を振り込まれるという間違いをされた経験のある小生としては、「口座番号というものは何のためにあるんだい!」と言ってやりたいし、驚きもしないのだが、結局、なんだかんだで、すべての手続きを終えたのは4時。ちょうど1時間かかった。

で、三菱といえば三菱自動車。またまたインチキをやりやがった。はっきり言ってこの会社、存在自体が迷惑である。

長らく経済記者を務めた身として、日本の製造業に対してそれなりの愛着と誇りを持っている。世界的に日本の製造業の品質が高く評価されていることが喜ばしい。だから、その足を引っ張るような企業は許せない。2度あることは3度あるというが、3度あったら、そこを自らの終着点にしてほしい。延命策などを模索してほしくない。

そういえば最近、韓国の女優が同社の中国法人のCM出演を断ったというニュースがあった。戦犯企業と言われているからだという。日本の国内からは韓国の現代自動車を育成してあげた企業なのに何事を言うかという反論もあった。この際、現代自動車に吸収してもらえばいいのではないか。そうすれば、韓国から戦犯企業呼ばわりされることもなくなるだろう。

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ